デジタル人生航路

2005-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のマスコミは悔い改めよ

cindy
Watch Cindy's message

私は昭和の時代に初等教育を受けた。その中で「先の大戦では新聞やラジオが政府の言いなりになって国民を戦争に駆り立てたが、現在ではそんなことは起こりえない」と何度も吹き込まれた。

しかし、アフガン戦争とイラク戦争の際、マスコミはアメリカ政府とそれに追随する日本政府の、戦争開始に都合のよいプロパガンダを検証することなしに垂れ流し続けた。

君たちにジャーナリストを名乗る資格はない。

アメリカでシンディ・シーハンははっきり言う「イラクの大量破壊兵器はウソだった」

このウソをアメリカ政府の尻馬に乗るかたちで流布したおまえたち、朝日、毎日、読売、産経をはじめとする日本国の新聞各社、NHK、日本テレビ、東京放送、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京、ニッポン放送、文化放送、ラジオニッポンなどのテレビ、ラジオ放送各社は悔い改めよ!

Mr. President, my name is Cindy Sheehan.
大統領、私の名はシンディ・シーハンです。
On April 4, 2004, my son, Casey was killed in Iraq. He was only 24, and he died in his best friend’s arms.
2004年の4月4日、私の息子ケイシーがイラクで戦死しました。彼はまだ24歳でした。彼は親友の腕の中で息をひきとりました。
Casey was so good…and so honest.
ケイシーはいい子でした、そして正直な子でした。
Why can’t you be honest with us?
あなたはどうして正直になれないのですか?
You were wrong about the weapons of mass destruction.
あなたは大量破壊兵器に関して間違っていました。
You were wrong about the link between Iraq and Al Qaeda.
あなたはイラクとアルカイダの繋がりに関して間違っていました。
You lied to us, and because of your lies, my son died.
あなたは私たちに嘘をつきました。あなたの嘘がもとで私の息子は死んだのです。
You said he died for a noble cause. What cause?
あなたは言います、彼は崇高な目的のために死んだのだと。いったいどんな目的でしょうか?
Mr. President, I want to tell you face to face how much this hurts.
大統領、私はあなたと直接会って、どれほど痛めつけられたかお話ししたいのです。
I love my country. But how many more of our loved ones need to die in this senseless war?
私は自分の国を愛しています。でも、あと何人の愛するものたちをこの無意味な戦争で失えばいいのでしょうか?
How many more soldiers have to die before we say enough?
私たちがもうたくさん!というまでに何人の兵士が死ななければならないのでしょうか?
I know you can’t bring Casey back.
ケイシーは戻って来ません。
But it’s time to admit mistakes and bring our troops home now.
今こそ、誤りを認め、私たちの兵士を家に帰す時です。
スポンサーサイト

テーマ:イラク・中東情勢 - ジャンル:ニュース

«  | HOME |  »

プロフィール

F4C

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。