デジタル人生航路

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビを止める時

TV END

Picture from ADBUSTERS

今、家電量販店に行くと、陳列されているテレビ受像機の一部のモデルに小さなステッカーが貼ってある。地上波アナログ放送2011年終了を知らせるステッカーであり、当該の受像機が2012年以降は「別途デジタルチューナーを購入」しなければ使用できないという「警告」である。そして、このステッカーはなんと総務省の名をもって貼られているのだ。

総務省である。竹中平蔵の総務省である。情報省になることを虎視眈々と狙っている反国民的省庁である。

ただでさえ「一億総白痴化」(少なく見積もっても5000万か?)の手を911以降も緩めない「白痴箱」を誰がデジタル化してくれと言った?「高画質」で偏向報道を見たいと言った?広告代理店に首根っこを押さえられ、編成権も編集権もないテレビ局の制作する番組の画質など「アップグレード」する意味はないのである。

かつて、米国のジョー・バートン下院商務委員長は、アナログ放送停止の際には「貧困層に補助金を出して」までデジタルテレビ受像機を行き渡らせることを提案したのである。

上等ではないか!竹中君によって「貧困層」に貶められつつある我々は「デジタルテレビ」など買えないのだ。その時、2012年がテレビを止める時だ。

デジタルテレビなんか買うかバーカ!
と100万人単位の国民が宣言するのだ。

平蔵よ!その時まで総務大臣でいてくれよな。

ところで、今後、アナログ電波とデジタル電波の混在時期というのがあって、その間、一部の地域では「アナ・アナ変換」という工事が必要だという。この工事を一手に引き受けるのが、社団法人電波産業会という胡散臭い団体であり、会長はユビキタス電子監獄社会推進の急先鋒であるNECの代表取締役執行役員社長 金杉明信(慶應義塾大学卒)というおぞましさである。
スポンサーサイト

コメント

誰もデジタルを。。。

みーんな新しいテレビを買わなかったら面白いですよね!!
そう願います! どうせ、報道もいい加減だし、アフォな番組ばっかりですもんねー

2012年まであるかね民放?

去年ネットの広告件数がテレビ・新聞を上回ったらしいよ。
宣伝媒体として価値の亡くなったテレビが企業から見放されるのも近いかもね。
デジタルどころか2012年まであるかね民放?

共働きの味方 ベビーシッター案内所

ベビーシッターの検索サイト。資格、募集、求人、東京、派遣などベビーシッターに関する各種情報をお届けしています。 http://valiantly.shipsparesandrepairs.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://djk.blog19.fc2.com/tb.php/22-6e681cd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

森田実氏、“拒否する運動”発言

>日本のマスコミは小泉政権の手先であり、「従米主義・ブッシュ追随主義」の広告・宣伝機関であり、地方に広がりつつある「日本自立・非従米主義」の波にまったく無関心である。というよりも、まったく無知である。 >東京のマスコミ(とくに民放テレビと大新聞)は、地方

«  | HOME |  »

プロフィール

F4C

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。